女性芸能人

鈴木奈々の離婚理由は?噂される年収格差・浮気疑惑や元旦那を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

鈴木奈々さんはどうして離婚したのでしょうか?

年収の格差や浮気の噂、そして元旦那の齋藤竜輔さんとの間に何があったのかを詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

鈴木奈々の離婚理由は何?噂される3つのワケ!

鈴木奈々さんが離婚理由は、主に3つあると言われています。

果たして、離婚に至った真の原因とは何だったのでしょうか?

【離婚理由①】女性として見られなくなった

鈴木奈々さんと元旦那の斎藤竜輔さんは、テレビ番組「ダウンタウンDX」で離婚理由について語っています。

斎藤竜輔さんは、鈴木奈々さんを女性として見れなくなってしまったそうです。

  • 生活習慣
    トイレの流し忘れや、お風呂に数日間入らないことがあった
  • 気を使わない生活
    1日に10回以上のおならや、おねしょをすることがあった

こうした行動が原因で、斎藤竜輔さんは鈴木奈々さんを女性として見ることが出来なくなり、離婚に至ったと考えられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木奈々(@nana_suzuki79)がシェアした投稿

【離婚理由②】夫婦間の年収格差

鈴木奈々さんは芸能界で大成功を収め、年収は2000万円から3000万円とされています。

一方、斎藤竜輔さんはサラリーマンとして働いており、年収は約400万円から1000万円と考えられます。

この収入格差が夫婦関係に影響を与えた可能性があるようです。

鈴木奈々さんが収入を貯金に回し、斎藤竜輔さんが生活費を全て負担していたと言われています。

しかし、年収の格差だけが離婚の直接的な原因とは考えにくくもあります。

収入の違い以上に、二人のライフスタイルや価値観の違いが大きな要因だったのではないでしょうか。

【離婚理由③】鈴木奈々の浮気疑惑

離婚には、鈴木奈々さんの浮気疑惑が関わっていると言われています。

2013年4月のテレビ番組『今夜くらべてみました』で、益若つばささんが鈴木奈々さんに浮気の疑惑があると話しました。

益若つばささんの話によると、鈴木奈々さんが他の男性に好意を抱いていた時期があったそうです。

しかし鈴木奈々さんは浮気を否定しており、夫である斎藤竜輔さんとの関係がうまくいっていない時期に他の男性に惹かれたことがあると話しています。

また、鈴木奈々さんは2021年に約3ヶ月の休業を取った際、出産したのではないかという憶測も流れましたが、真相は不明です。

鈴木奈々は現在どうしてる?

鈴木奈々さんは離婚後、生活の場所を東京に移しました。

現在、茨城県と東京の2箇所に家を持っていて、主に仕事が多い東京での生活をしているそうです。

以前は「さんま御殿」などの番組で茨城県に住んでいたことを明かしていましたが、離婚をきっかけに東京での生活を始めています。

現在は寂しさも感じることがあるため、ご両親と一緒に東京で暮らしています。

離婚後の生活では、家族のサポートが重要な役割を果たしているようです。

元旦那・齋藤竜輔のwiki風プロフィールを紹介!

  • 名前: 齋藤竜輔(さいとうりゅうすけ)
  • 生年月日: 1988年8月17日
  • 年齢: 34歳
  • 身長: 182cm
  • 体重: 55kg
  • 愛称: サイオ君 (鈴木奈々さんが呼んでいます)

齋藤竜輔さんは爽やかな雰囲気を持っていて、高身長で細身の体型なのが特徴的です。

外見はチャラく見えることもありますが、鈴木奈々さんによれば、内面は硬派な草食系男子のようです。

デートでは、女性にお金を出させないという優しい一面もあります。

キャノン化成という会社で働いており、茨城県つくば市にあるこの会社で班長の役職についています。

まとめ

鈴木奈々さんが離婚した理由は、主に3つあると言われています。

1つ目は、斎藤竜輔さんが鈴木奈々さんを女性として見られなくなったことです。

鈴木奈々さんの日常生活の行動が原因で、斎藤竜輔さんは鈴木奈々さんを異性として感じられなくなってしまったようです。

2つ目は、夫婦間の年収格差です。

鈴木奈々さんは芸能界で成功を収め、高収入を得ていました。

一方、斎藤竜輔さんはサラリーマンとして働いており、その収入差が夫婦関係に影響を与えた可能性があります。

3つ目は、鈴木奈々さんの浮気疑惑です。

テレビ番組で益若つばささんがこの疑惑について話したことがありますが、鈴木奈々さん自身は浮気を否定しています。

しかし夫との関係がうまくいっていない時期に、他の男性に惹かれたことは認めています。

離婚後、鈴木奈々さんは東京に生活の拠点を移し、ご両親と一緒に暮らしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!