女性芸能人

中条あやみの旦那・市原創吾の写真!馴れ初めや年収を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

女優の中条あやみさんが2023年5月1日にInstagramで結婚を発表しました。

結婚相手の市原創吾さんは中条さんより11歳年上で、ベンチャー企業の社長です。

二人は2022年11月に「週刊文春」で交際が報じられました。

当時市原創吾さんは「半年後には結婚する」と話していたそうです。

今回は市原創吾さんとの馴れ初めや年収、プロフィールに迫っていきます。

ぜひ最後までお読みください。

【顔画像】市原創吾さんのwiki風プロフィールを紹介!

  • 誕生日:1986年11月10日(37歳)
  • 出身:岩手県
  • 座右の銘:絶え間ない成長

市原さんは青山学院大学を卒業後、サイバーエージェントに入社します。

広告部門で大きな成果を上げ、28歳で部長になりました。

その後、2018年に株式会社AViCを立ち上げ、わずか4年で東証グロースに上場させました。

主な経歴は以下となります。

  • 2009年:青山学院大学理工学部卒業
  • 株式会社サイバーエージェントで広告事業に従事
  • 28歳で広告部門の部長に昇格
  • 2018年:株式会社AViCを創業

市原さんは中学生の時、水泳で全国大会に出場しました。高校では勉強に専念し、スポーツを辞めました。

市原さんの成功の背景には、学生時代からの努力と成長があります。

中条あやみの旦那・市原創吾さんの年収と資産を解説!

市原創吾さんの年収は、約2,000万円と想定されます。

また、持っている株の価値は約34億円と考えられます。

株式会社AViCの役員全員の報酬総額は3,120万円です。

そのうち、市原創吾さんの報酬は約2,080万円と考えられています。

市原創吾さんの年収は、同じ年齢の人の平均年収に比べかなり高額です。

そのことから、市原創吾さんが優秀な経営者であることが窺えます。

中条あやみさんと旦那・市原創吾さんの馴れ初め・出会いを解説!

市原創吾さんと中条あやみさんは、2021年の夏に知人の紹介で出会います。

出会いは、バーベキューのような屋外のイベントだったと言われています。

その後3~4ヶ月の友人関係を経て、交際を始めました。

交際期間は約1年半とされており、2022年の秋には、都内の高級マンションで同棲を始めています。

2022年11月10日、市原創吾さんの誕生日に、中条あやみさんは住民票を移動しており、この時期より二人の関係がより深まったことが分かります。

中条あやみさんは「目が合った時に顔をクシャっとして笑ってくれる人」が理想のタイプと語っています。

市原さんは出会った時から安心感を与えてくれる人で、中条あやみさんの理想タイプにピッタリと言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中条あやみ(@nakajo_ayami)がシェアした投稿

中条あやみさんと旦那・市原創吾さんの結婚式を解説!

中条あやみさんと市原創吾さんは、2023年の春に結婚しています。

結婚式の具体的な内容は公開されていませんが、インスタグラムにはウェディングドレスに似た衣装の写真がアップされていました。

この写真から結婚式のイメージを想像することができます。

中条あやみさんは、以前「しゃべくり×深イイ」に出演した際、結婚式でお父さんのリモート参加について語っていました。

お父さんは娘をとても大事にしていて、中条あやみさんはこれまで好きな男性の話をお父さんにしたことがないそうです。

結婚が決まった時、恐らくお父さんの気持ちは複雑だったでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中条あやみ(@nakajo_ayami)がシェアした投稿

まとめ

市原創吾さんは1986年生まれの37歳で、岩手県出身です。

青山学院大学を卒業後、サイバーエージェントに入社し、広告部門で大きな成功を収めました。

28歳で部長に昇格した後、2018年に株式会社AViCを創設し、わずか4年で東証グロースに上場させました。

市原創吾さんの年収は約2,000万円とされ、持っている株の価値は約34億円と見積もられています。

会社の役員報酬総額は3,120万円で、そのうち市原創吾さんの報酬は約2,080万円と考えられています。

市原創吾さんと中条あやみさんは、2021年夏に知人の紹介で出会いました。

その後、約1年半の交際期間を経て、2022年秋から同棲を始めました。

結婚式の詳細は公開されていませんが、インスタグラムにウェディングドレスに似た写真が投稿されています。

中条さんは「しゃべくり×深イイ」でお父さんのリモート参加について語っており、お父さんは娘を大切に思うあまり複雑な気持ちだったと推測されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!